2021.04.29「栗山公園開き」

栗山町の名峰、御大師山(おだいしやま・117m)。その麓にある栗山公園のオープニングを飾る公園開きのイベントで、今年初の演奏を行いました。2020年は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中止となった公園開き。まだまだ、余談を許さない状況が続いていますが、感染拡大防止への対策・呼びかけを行いつつ2年ぶりの開催となりました。

コロナ禍で、長期間、練習もなかなかできませんでしたが、この間、新たなメンバーも加わり、赤法被が増えるという明るい話題もあった栗山みのり太鼓。演奏もレベルアップを目指しながら、今年は、あちこちで演奏できることを願っています。と、いつになく真面目風なのは、普段は札幌暮らしのT、感染の急拡大で連休もステイホーム、いわゆる酒浸りの日々で、この日は参加を自粛・・・。メンバーの保護者の方々による写真を、無断掲載にて演奏のようすをご紹介いたします。

北の賑わい
躍動
みのり太鼓揃い打ち
錦祭
白煌
北の賑わい

曇り空だったものの、暖かく、打ち手ものびのびと躍動していました、との報告がとどき、ほっとひと息。時に雨を降らせるといわれる力を持つ太鼓の響き。コロナの、せめて不安な気持ちを吹き飛ばそう! という思いを込めて、練習に励んで参ります(との決意も届いています!)。

まずは今年度も、栗山みのり太鼓を、よろしくお願い申し上げます!

<仮面ライターT>

2020.10.18「ふるさと田舎まつり」

新型コロナウイルスで明け、暮れていった感のある2020年。年が明け、早くも年度が変わりましたが、うれしいはずの暖かな春がようやく巡ってはきたものの、マスクを手放せない毎日が続いています。どうにも、晴れ晴れとはいかない気分のなか、みなさん、いかがお過ごしでしょうか。
お祭りも、花火大会も、ライブやお芝居も軒並み中止となるなか、栗山みのり太鼓も、公演という意味では実質的に休止状態を余儀なくされました。前の投稿でもお知らせしましたとおり、練習は再開しましたが、果たして今年も、どれだけの活動ができるか・・・。ちょっと、暗い気持ちになりかけていた時、「どうなってんの?」と代表から、連絡がありました。どうなってるって・・・あ、すっかり忘れていました。コロナ禍のなか、昨年10月に演奏披露の機会をいただいた、のでした。外出自粛をしていたもので、とは言えないのがWebの世界。半年遅れで、『ふるさと田舎祭り』での演奏のようすをアップします。

南々空知(夕張、栗山、由仁、長沼、南幌)のうまいものが集まるこのイベント(同実行委員会主催)、本来であれば会場であるJAそらち南駐車場のステージで演奏するところ、コロナ対策として、Eki多目的ホールでの演奏を配信するというスタイルで実現に漕ぎ着けました。大変な状況のなか、こうした場を用意していただいた、実行委員会および関係者の皆さまには、感謝の気持ちでいっぱいです。久々に、バチの感触を楽しみながら、精一杯、演奏させていただきました。

久々の演奏に、ちょっと緊張ぎみ?
白煌
北の賑わい


2021年、まだまだ先行きはわかりませんが、栗山みのり太鼓は新しいメンバーも続々と加わり、感染拡大防止対策を万全にしながら練習に取り組んでいます。そして、スキルアップを目指して参ります。多くの方々の前で、演奏させていただける日を待ちながら。

今後のスケジュールにつきましては、決まり次第、随時このホームページで告知させていただきます。コロナを超えて、今後とも栗山みのり太鼓をどうぞ、よろしくお願い申しあげます。

<仮面ライターT>

2020.01.01「栗山天満宮 合格祈願祭」

学問の神様と言われる、菅原道真公が祀られている栗山天満宮では、毎年、大晦日に合格祈願祭が行われています。と、ここまでは、全国各地でも見られる風景ですが、2012年にリーグ優勝を果たした北海道日本ハムファイターズの栗山英樹監督が、「優勝祈願」をしていた、ということで一躍、注目を浴びる催しとなりました。年が変わる瞬間は、栗山監督が登場してカウントダウン。栗山みのり太鼓ももちろん、ファイターズ応援曲「白煌」で参戦! こちらも恒例となりました。




栗山監督、威勢の良いJCメンバーに担がれて登場!

今年も、良い年でありますように。ファイターズもガ・ン・バ・レ!!

<仮面ライターT>

2019.12.28「栗山みのり太鼓 結成50周年記念 打ち納め二〇一九」

当サイトのトップページにもありますが、栗山みのり太鼓は1970(昭和45)年に、町の青年5名が中心となって結成されました。そして2020年に50周年を迎えます。道内の太鼓団体のなかでも、長い歴史を持ち、お陰さまで今日まで演奏を続けてくることができました。活動、運営を支えてくださった町の方々、仲間として切磋琢磨しながらともに成長してきた太鼓団体の方々、そして、道内各地でおしみない声援を送ってくださる皆さまに感謝の気持ちを込め、2019年の打ち納めは特別バージョンで開催しました。

当日は、風雪太鼓(札幌)、羊蹄太鼓保存会 鼓流(倶知安)、ほろむい太鼓同志会(岩見沢)、Re:birthのみなさんが、年も押し詰まるなか駆けつけてくださり、年納めの演奏・演舞を披露してくれました。また、会場には北海道日本ハムファイターズの栗山英樹監督、そして多くの町民の方々にお越しいただき、賑やかなひと時となりました。

<オープニング演奏>
1.みのり太鼓揃い打ち

2.躍動

<ゲスト演奏・演舞>
■ほろむい太鼓同志会

■風雪太鼓

■羊蹄太鼓保存会 鼓流

■Re:birth



<50周年記念演奏>
1.雅曲〜「臨」

2.錦祭

3.楓希悠晴

4.白煌

2時間にわたって、各団体のパフォーマンスが繰り広げられ、最後は4団体による合同曲の演奏。そして、ささやかな宴会で笑顔を交換することができ、思いあふれる1年の締めくくりにもなりました。みなさま、本当にありがとうございました。栗山みのり太鼓、次の50年へ向けて、ますます精進して参ります!

<仮面ライターT>

2019.11.09「栗山高等学校創立90周年記念祝賀会」

通称「くりこう」。栗山みのり太鼓の代表も、主要メンバーの多くも、そしてTも卒業した北海道栗山高校です。そんな、みんなの我が母校の創立90周年記念という、おめでたい祝賀会で演奏させていただきました。場所は、かつて観光センターと呼ばれていた温泉宿泊施設、ホテルパラダイスヒルズ。若いメンバーにはちょとわかりませんが、何だか懐かしさのこみ上げる1日でした。

1.白煌

2.錦祭

3.みのり太鼓揃い打ち

代表とTは、そろそろ卒業40年。早いもんだね、まずは元気で何よりだねと話しつつ、歳だけとってくたびれたけど、ちっとも成長していないことに気づき、なんだかちょっと無口になったりして。引きこもごもの1日でもありました。

<仮面ライターT>

2019.10.05「泉徳苑まつり」

社会福祉法人 水の会さんが運営する「養護老人ホーム 泉徳苑」が毎年、秋に行っているお祭りに、今年もお声がけただき、演奏を行いました。入居者さんとご家族、そして地域の方々の交流・親睦の場として開催されているこのイベント、栗山みのり太鼓は、代表メンバーがまだ小学生の頃から参加させていただいています。この日は、4曲を披露させていただきました。

1.白煌

2.北の賑わい

3.錦祭

4.みのり太鼓揃い打ち

みなさんの目の前、至近距離での演奏に、最初は驚いたようすの方もいらっしゃいましたが、打ち手の躍動するように、多くの拍手をいただきました。恒例のメンバー紹介もあり、緊張しつつも楽しい時間を過ごさせていただきました。ありがとうございました。みなさん、また1年、お元気でお過ごしください!

<仮面ライターT>

2019.09.29「大乱舞IN白老」令和元年度 白老八幡神社例大祭

欅坂46の「不協和音」、いいですねぇ。紅白のステージ、鳥肌が立ちました。還暦間際でグループアイドルに惹かれるとは思わなかった令和2年1月です。それにしても、超人気アイドルともなると、忙しいんでしょうね。きっと本音で「僕は嫌だ!」って言っているかもしれませんね。分刻みのスケジュール。まあ、それほどではありませんが、栗山・木の城たいせつさんでの演奏を終えた、わが栗山みのり太鼓。夕方に、白老で開催されたよさこいイベントに合流しました。

『圧巻! 総勢52チーム・2700名の踊り子 大賞・準大賞、ファイナルチーム勢揃い!!』と銘打った、「大乱舞IN白老」。看板通りの、それはそれは賑やか、艶やかなイベントでした。もちろん、Re:Birthさんのサポートをさせていただいた会場のようすを、ダイジェストでお知らせします。


Re:Birthさんと合流。リトルよさこいメンバー、すでにハイテンションです!


立ち位置も決まり、いよいよスタート!!




次のスタート地点までダッシュ!



掛け声にも、いやがおうにも熱が入ります。



パレードの後は、神社の境内へ移動。神様もびっくりの、まさに大乱舞。



2019年もYOSAKOIソーラン祭りでは「U40」を受賞したRe:Birth × 栗山みのり太鼓ですが、2020年はさらに上を目指そう!という決意もみなぎる演舞・演奏となりました。Re:birthのみなさん、白老八幡宮およびイベント運営を支えてくれたみなさん、感謝、感謝です!!

<仮面ライターT>

2019.09.29「木の城たいせつ 創業記念大感謝祭」

歳をとると時間の経過を早く感じるのは、経験値があがるから、なのだとか。チコちゃんみたいですが、知らない場所でも帰り道は近く感じるように、時の流れも短く思えるのだそうです。歳をとると涙もろくなるのも、経験値に関係していて、人の気持ちを深く理解できるようになるから、心が動くできごとに涙が出てしまう。涙腺がゆるくなる、のではないのですね。
さてさて。気がつけば令和初のお正月も過ぎ、1月も下旬。なのに、9月から報告がストップしておりました。「忙しそうですねぇ。更新されてませんもんねぇ」と、某風雪太鼓の代表に忘年会でご指摘いただく始末・・・。新年会の前に、Tが参加できた活動五つを一挙、アップします。すいません。

栗山みのり太鼓は2020年に、設立50周年を迎えますが、こちらは創業65年。北海道の家づくりを牽引する地元企業、木の城たいせつさんの創業記念イベントに、今年もお誘いいただき4曲を演奏させていただきました。温帯低気圧に変わった台風17号の影響で1週間、延期しての開催。心地よい、やわらかな秋の日差しのなかでのステージとなりました。

1.白煌


景気づけに、北海道日本ハムファイターズの応援曲から!

2.楓希悠晴


桶太鼓と宮太鼓のミックスです。

3.錦祭


成長痛、もとい、成長中です!

4.みのり太鼓揃い打ち


こちらも腕を上げています!

積木立て競争、トンカチキングなど面白そうなイベントや抽選会、お笑いライブなどがあったのですが、メンバーはそそくさと機材バスへ。この日は夕方から、白老でよさこいのサポートがあり、慌ただしく失礼してしまいました。でも、ちゃっかり焼きそばの差し入れをいただき、ゆっくり味わいながらの移動となりました。ごちそうさま、そして、ありがとうございました!

<仮面ライターT>

2019.09.14「ハローENJOY ハローまつり」

地域の方々との交流を通して、誰もが暮らしやすい環境づくりを理念に活動している、社会福祉法人栗山ゆりの会さん。同会が運営する「ハローENJOY」(障がい福祉サービス事業所)の秋まつりに、今年も参加させていただきました。栗山みのり太鼓として演奏させていただき、かれこれ6年になります。昨年は、9月6日に発生した北海道胆振東部地震の影響で中止となりましたが、会場は例年通りの賑わいに。施設を利用されている方、ご家族、そして町の人たちも大勢集まり、秋の1日を楽しみました。

雅曲〜「臨」の演奏で、イベントがスタートしました。

栗山ゆりの会の橘理事長(上)、駆けつけた佐々木町長(下)も1年ぶりの開催に、うれしそうなようす。

北の賑わい

錦祭

白煌

みのり太鼓揃い打ち

それにしても、会場にはいい匂いが立ち込め、心なしかメンバーもそわそわ? もちろん演奏後は、焼き鳥にカレーに・・・。栗山ゆりの会さんから、たくさんご馳走になり、大満足。思いっきり楽しませていただきました。ありがとうございました!

<仮面ライターT>

栗山町の歴史ある和太鼓チームです