2017.10.21 北海道和太鼓フェスティバルinくっちゃん「鼓魂東西2017 和太鼓の響演」

出雲に集まっていた神様も、やれやれと戻ってきて、はや11月。
まだ、平地では雪が降る寒さではないものの、「早く雪、積もらないかな♪」と心待ちにしていた頃はもはや遠い昔、やれやれ感たっぷりで、外に出るのもおっくうになる始末。
それなら、家のなかでたっぷりサイトへの記事アップができるはず、と思うでしょ? いやいや、そうは問屋が卸しません。何しろ、先生も走る師走を前に、気ばっかりあせって、進まないのでした。「のでした」ではないですね。今回は、今年最大2週間遅れ! いやはや、本当に申し訳ございません!

今年最後の遠征イベント、「鼓魂東西」の報告です。
くっちゃん羊蹄太鼓保存会と北海道太鼓連盟が主催し、町の文化祭の一環として開催されている恒例の演奏会。今年は、道内各地から30近い団体が参加し、お昼前から夕方まで、ぶっ続けで太鼓の音が響き渡りました。
そういえば倶知安は、これも恒例の「じゃがまつり」に参加して以来。ビールでも飲まないとやってられない、とビールでも飲んでいた暑い夏から、今回は甘酒でも飲まないとたまらない、北風の吹く1日(こちらは飲んでません・・・)。それでも、どのチームも、もちろんわがみのり太鼓も熱い!演奏でもりあがりましたっ。


会場の倶知安町公民館。いい感じで、年季の入ったホールです。

みのり太皷は2曲演奏させていただきました。

1.雅曲~「臨」



2.閃



今回は、少数精鋭の演奏となりましたが、いつになく切れ味鋭く、多くの拍手をいただくことができ、感激!
主催者・関係者の皆さん、倶知安町の皆さん、いつもありがとうございます。

来年も、よろしくお願いいたします!

もう、羊蹄山は雪景色でしょうか(2週間前、だもんなぁ・・・)。

<仮面ライターT>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です