2017.07.30「道新よさこいソーランinむろらん&胆振・千歳支部大会」

戦後間もない1947年、荒廃した街からの再建を願って開催されたという「第1回復興むろらん港まつり」。それから実に70年。綿々と受け継がれ、夏の風物詩として行われているのが「むろらん港まつり」です。
あ、仕事のクセで、観光案内調になってしましましたが、納涼花火大会、総参加市民踊り、そして室蘭ねりこみと、とにかく市民の方々が踊りまくりの3日間。踊りといえば、よさこい、というわけでファイナルイベントの「よさこいソーランin室蘭」に「Re:Birth]さんと参戦してきました。

暑い暑い、という投稿が続いていましたが、港町室蘭は、海風が涼しく快適な日和。かすかに霞が掛かった室蘭港には、前日から停泊している練習帆船・日本丸の勇姿も。うーん、海の男にはピッタリな風情でした(ウソです。農村育ちです・・・)。

まずは、市内・中島町でのパレード。広い広い大通りを所せましと暴れてきましたっ。




街のキャラクター「くじらん」の、地方車(じかたしゃ)がユニーク!



地元エリアでの演舞だけに、YOSAKOIメンバーは、さらにヒートアップ?


パレード後は、そそくさと港まつり会場ステージ前に移動。
食べるのに忙しく、うかつにも写真は一枚もありませんが、豚串にから揚げ、キンキンに冷えた削りイチゴに、そしてたい焼き。食べ合わせなんて関係ない、おまつりですから的昼食を済ませて、またまた演舞。

エイエイオーの、出番前円陣!



演奏後は、全チーム参加、恒例の「よっちょれ」。


終了する頃には、もう、秋のような涼しい風さえ吹き、夕暮れ時とあいまって、ちょっと物悲しい気持ちになったTですが、みのりバスが動き出すと、そんな気持ちもどこへやら。気が付いた時には、高速道路も降りていて・・・すいません、寝てました。

遠征の日々は、まだまだ続くのだ!
若い打ち手に比べて、疲労の色も濃いTでした・・・。

室蘭の皆さん、そして「Re:Birth」さん、ありがとうございました。

<仮面ライターT>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です