「大締太鼓製作」 A-胴の改良

完成を急ぐばかりに行っていなかった胴の仕上げをします。

接着材で貼り合わせたままでしたので、貼り合わせた板がデコボコになっていたままでした。(画像なし)

DSC_0980

DSC_1158

ベビーサンダーに荒削りディスクを装着して内面を削り一応段差をなくしました。削りカスはバケツに2杯ぐらい出てます。

荒削りディスクの削り跡が回転の跡が残るぐらいの粗さで、場所を変えて削り続けると菱形の模様が現れました。 見覚えのある光景で某老舗太鼓店の胴の内面加工を思い出しました。

これは行けるかもと思い、サンディングをせずにそのままコーティングします。

今回も木材に強度をもたらしてくれるポリマー樹脂を薄めシンナーで2倍に薄めて内面にたっぷり塗布、2倍に薄めたのは、木材の深くまで浸透して欲しいので薄くして塗布しました。

DSC_1282

DSC_1280

DSC_1281

残念ながら菱形の模様は画像では見えませんが、コーティング終了です。

さらに、ウルシ系の塗料を塗るか思案中です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です