こだわりの機材~宮太鼓平台

以前はキャスターの無い台を使用していたので、練習準備、片付けの際 太鼓を斜めにして転がしていました。 その為か歌口の部分の痛みが早くなったように思えたので、転がさずに持ち運ぶ方法を取りました。

しかし、小中学生の子供に2、30kgある太鼓を運ぶのは大変な事と危険な事もあるので、台にキャスターを付ける事にしました。

それまで使用していた台にキャスターを付ける方法もありましたが、収納時に大変かさばる事も有り台からの製作をしました。

太鼓面と同じ円形にするのが最小の大きさで製作出来ますが、円形にするには、製作費や製作技術が伴わないので、手始めに2×4材を角度切りして8角形の形に平板を作り、太鼓の底面の音も外に出るようにしました。

太鼓を乗せたまま、台から落ちる事なく移動したいので、8角台に縁(1×4で製作)を付け脱落防止にしました。

キャスターを付けて縁の下に隙間が出来るように縁板を取り付けると台同士を重ねた時にキャスターが収納され、保管時もコンパクトで安定していて大変都合が良いです。

140718_1556~01150204_1937~01150204_1936~01150204_1939~03150204_1938~01150204_1938~02150204_1939~01

 

当初、同じ寸法のキャスターを取り付けていましたが、2つのキャスターを大きい物に交換し台に多少の傾斜をつけて小さな子供でも太鼓が打ちやすくしました。しかし、傾斜を付けた事で台に表裏が出来てしまい扱いが面倒に成りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です