2015,06,13/14 「よさこいソーラン・本祭」

4ヶ月も経ってしまったので、今さら本祭の状況・・・。とも思ったのですが、画像もあるのでお知らせします。

小雨降る中、打ち手メンバーは高速バスと地下鉄で集合場所の大通り西12丁目へ、太鼓運搬車両は軽トラで分かれて向かいました。

本体と合流練習後、西8丁目メインステージへ徒歩移動、おちゃらけている打ち手メンバー

1445769420791

 

本番開始前

IMG_3709

いざ、8丁目ステージへ

1445769424833

初めての演舞終了後に記念撮影

IMG_3728

次の会場は、札幌ファクトリー

演舞前の円陣

1445769453213

IMG_3742IMG_37431445769436254IMG_3752

 

続いて、一番街・丸井今井前

14457694294621445769442199IMG_3777IMG_3782

 

大通り北パレード

IMG_3806 IMG_3795IMG_3792IMG_3787IMG_38081445769461011

 

ススキノ会場

IMG_3814

 

IMG_3820IMG_38451445769486833

 

ススキノ会場で、大締が完全に破れてしまいました。

13日(1日目)が終わりました。

14日(2日目)の始まりです!

道庁裏から太鼓を搬入、道庁赤レンガ前からの演舞スタートです。

恒例の記念撮影

1445769504808

2日目は、仮面ライターTさん欠席の為、画像が極端に少ないです。

続いて、新琴似会場パレード4回連続×2回、札駅南口

最後の演舞は、わくわくホリデーホール

14457695240311445769530558144576953482714457695392571445769543458

 

とうとう本祭の演舞が全て終了しました。

14457695483251445769553762

演舞後、ホールの外で記念撮影・挨拶を交わし帰路に着きました。

Re:Birth登別・札幌  皆様、また関係者の皆様、2日に渡りお世話になり、有り難う御座いました。 機会があればまた、一緒に演舞に参加したいと思います。

後日、連絡が入り新琴似会場での審査員特別賞を受賞したとの事。

14457696075691445769611445

 

チームと一体と成った結果が実を結びました。

「大締太鼓製作」 A-胴の改良

完成を急ぐばかりに行っていなかった胴の仕上げをします。

接着材で貼り合わせたままでしたので、貼り合わせた板がデコボコになっていたままでした。(画像なし)

DSC_0980

DSC_1158

ベビーサンダーに荒削りディスクを装着して内面を削り一応段差をなくしました。削りカスはバケツに2杯ぐらい出てます。

荒削りディスクの削り跡が回転の跡が残るぐらいの粗さで、場所を変えて削り続けると菱形の模様が現れました。 見覚えのある光景で某老舗太鼓店の胴の内面加工を思い出しました。

これは行けるかもと思い、サンディングをせずにそのままコーティングします。

今回も木材に強度をもたらしてくれるポリマー樹脂を薄めシンナーで2倍に薄めて内面にたっぷり塗布、2倍に薄めたのは、木材の深くまで浸透して欲しいので薄くして塗布しました。

DSC_1282

DSC_1280

DSC_1281

残念ながら菱形の模様は画像では見えませんが、コーティング終了です。

さらに、ウルシ系の塗料を塗るか思案中です!

「大締太鼓製作」 A-X脚台製作

今回も使用しない時や移動時にコンパクトになるようにX脚にして折りたたむ事の出来るようにしました。

DSC_1265

脚の支点となるボルトとワッシャー、袋ナットです。

軽量・丈夫さ・コンパクトを目指しますので、2×4 材と1×4 材を使用しました。

急いで製作していましたので、製作過程の画像がありませんので、完成した画像を元に解説させて頂きます。

ボルトに通ってワッシャーが3枚有ります。

2枚は、ナット下に掛けていますが、大きめの1枚は木材と木材の間に入れました。

特に入れなくても支障ないと思いますが、擦れる所なので入れておきました。

DSC_1276

DSC_1277

高さの65%程の所に支点穴を空けて下の足が広く開いて安定製を確保します。

DSC_1270

開かない方向にも安定性を持たせる為にハの字に開きました。

脚の基本材料は2×4 材ですが、足を継なぐ材料に1×4 材を使用し収納時のコンパクト化をはかりました。 強度的に持つかは不明です。

脚を丁度良い開度で固定する為に脚をつないでいる板に穴を空けてロープを通して最良の開度で固定されるように結び玉を作って固定しました。

DSC_1271

DSC_1269

キャスターを付ける為に脚の下部分に当板をしてキャスターを付けるスペースを確保します。

DSC_1278

たたんだ姿です。

この台には、もう1つ役割が有ります。

練習している施設の都合で太鼓の収納庫から練習する場所への移動させる際、扉の高さが低く、大締を打つ高さにしてキャスター移動すると扉を通る事が出来ません。そこで、台に乗った大締の高さを上下出来るように工夫してあります。

DSC_1272

脚の上の大締を支える部分にロープで結んでその上に大締を乗せます。

DSC_1275

大締の重さで脚の開きが縮まって結果的に大締の高さが高くなります。

続きは、胴の改良を行います。

2015.10.11「北海道太鼓フェスティバル in 帯広」遅くなりました編

舞台看板

1時間遅れで会場入りしたくせに、早退して終了前に立ち去ったのは、はい、私です(すいません…)。というわけで、むしろこちらが番外編。なので、ちょっとだけレポート風で。あ、報告のご挨拶は、もう済んでいますね、嗚呼(汗)。

平原まつりから2カ月。またまた、帯広にやって来ました。ぱんちょうの豚丼に、インデアンのカレー、ランチョエルパソのどろぶた、そうだ、六花亭に柳月にと、お菓子だって最強の帯広! しかし(残念ながら)そんな誘惑にも負けず、市内随一の帯広市民文化ホール 大ホールでは、朝から参加17団体のリハーサルが行われ、1時間遅れで(すいません…)到着した時はすでに、緊張感がみなぎっていました。

外観

リハーサル

リハーサル

メンバーは緊張の面持ち(には、見えませんが…)

緊張の表情

で、まずは腹ごしらえ。帯広に来ると楽しみなスーパー「ダイイチ」さんの品数たくさんボリューム・栄養たっぷりのお弁当です。

弁当

地元「帯広市郷土芸能 平原太鼓」の45周年イベントとの併催とあって、1時間前から、お客さんが並び、広い会場は大入り満員。開演時には手前の席も一杯になりました。

エントランスIMG_5351

北海道日本ハムファイターズのクライマックスシリーズより太鼓でしょ! という温かい皆さんが見守るなか、いよいよ開演。平原太鼓のオープニング演奏「四季打ち太鼓」からスタートです。

オープニング演奏

続いて、帯広市郷土芸能平原太鼓会長および北海道太鼓連盟名誉会長・大友敏雄氏の主催者挨拶(左)、北海道太鼓連盟会長・今井和男氏の挨拶(中)、そして米沢則寿帯広市長(右)の祝辞があり、17団体が自慢の演奏を披露しました。3氏の下の写真は、今井会長の後に行われた、同じく平原太鼓の「寿太鼓」です。

ピクチャ 2

寿太鼓

と、ここで恒例の言い訳。フェスティバルのレポートなんだから、全団体のご紹介をすべき、いや、画面をたくさんスクロールしなければならないから、それはいいのでは。と議論があったのですが、結局、栗山みのり太鼓+αしか掲載できていません。悪しからずです(議論があったのはTの頭のなかの話であり、トイレに行ったり、早退したりで、撮影していない団体がある、というのが正確なところ。面目ない…)。

栗山みのり太鼓は、2曲演奏させていただきました。

1曲目 雅曲「臨」

臨1臨4臨5臨3臨2

2曲目 錦祭

錦祭1錦祭5錦祭3錦祭4

他チームのようすも(ちょっとだけ、ですが)

風雪太鼓さん(札幌市) スモーク、かっこいい!

風雪太鼓

くっちゃん羊蹄太鼓保存会 鼓流 昭和39年、高田緑郎氏によって創設された伝統&特徴ある太鼓チームです。

羊蹄太鼓

参加団体による合同曲「春爛漫」も披露されました。栗山みのり太鼓からも、精鋭3名が参加しました。

合同演奏合同演奏2合同3合同演奏3

このほか、帯広カムイトウウポポ保存会の方々による、アイヌ民族の舞踊もあり、普段、あまり触れることのできない旋律と、自然とともにあるアイヌの方々の、独自の表現にも触れることができました。

ウポポ

和太鼓の響き、とひとことで言っても、その背景にあるもの、思想、地域性、そして打ち手の方々の精神性により、実にさまざまな曲、演奏法があることが、改めてよく分かった演奏会でもありました(最後までいなかったくせに、ちょっと偉そうですが)。でも、「太鼓なんかで、あの大きなホール、一杯にできるのかなぁ」と言った知人には、ちょっと意見しておこうと思います。本当に、満員だったんだから!

主催および準備・運営に関わられた皆さま、遠くは羽幌を早朝に出発してきたという羽幌オロロン太鼓の会の方々はじめ、参加団体のメンバー、そしてそして、会場で大きな拍手、声援を送ってくださった皆様には、本当に感謝です。

ありがとうございました。「平原熊」(?)もお疲れさま!

熊

ポスター

 

<仮面ライターT>

2015,10,11 「北海道太鼓フェスティバルin 帯広」番外編

帯広平原太鼓 様の45周年を記念しての併催となりました。

帯広平原太鼓 様 そして、帯広平原太鼓保存会 様、おめでとうございます。 大友 会長様 50周年60周年そして、100周年(それは、無理か?)もお元気で、強力に平原太鼓を牽引して行って、いつまでも我々の憧れの的になっていて下さい。

画像、レポートは、本職のT さんにお任せして、釧路出張から帰ってくるのをお待ち下さい。

さて、手持ちの画像が少ないので、さらっとお伝えします。

1、雅曲~「臨」

14445525965021444552606065144462186020114446218470521444621869886

動画1

動画2

2、錦祭

144455262473414445526145551444621877599

動画3

合同演奏、「春爛漫」

1444552635440

動画4

動画5

 

会場が沢山のお客様で大盛況でしたので、演奏会場に入れず他団体の仲間と楽しく交流!

1444575068332

熊ちゃんとも・・・。

1444575055865

1445697923202

素晴らしい演奏会となりました。

帯広平原太鼓の皆様、お世話になりました。 有り難う御座いました!

2015.10.10「いわせき新社屋 完成記念大売り出し」

ドーンと商売繁盛!

10月10日、昔の「体育の日」、企業の新社屋オープン記念行事に「ほらほら、パーッと景気つけてくんな。てやんでぇ、こちとら江戸っこでぃ」とお声をかけていただき、演奏させていただきました(註・もちろん、こんなふうに言われたわけじゃ、ありませんが)。

石油・ガスから家電製品、保険までを扱っている、総合燃料販売会社「株式会社いわせき」(本社・岩見沢)の栗山営業所社屋が新しくなったお祝いの、大売り出し。台風23号による大雨が去った翌日、まさに台風ファミリー、じゃなくて台風一過の青空を雲が急ぎ足て逃げていく、爽やかな空気のなかでの演奏です。

ポスター

なんだか、恥ずかしいくらい、ていねいにご紹介していただいた後、いよいよ演奏開始!

今日の曲目は、雅曲「臨」、白煌、北の賑わい、錦祭、みのり太鼓揃い打ちです。

いわせきさんご挨拶

1.雅曲「臨」

臨1臨2

2.白煌

白煌1白煌3白煌2

3.北の賑わい

北の賑わい1北の賑わい北の賑わい2

4.錦祭

錦祭2錦祭3錦祭1

4.みのり太鼓揃い打ち

揃い打ち2揃い打ち1揃い打ち3

 

新社屋の前に集合した時は、特設テントのなかは、お客さんがちらほら……。うーん、やっぱり連休の初日、栗山の方々はどこかへ遊びに行ってしまったか……(「って焦ったさぁ」とは、後で会長が話していたこと)。けれども、スタートの11時にむけて、続々とお客さんが集まり、太鼓の音を聞きつけてさらに人が増えていき、盛況のうちに演奏は終了。

その時! 興奮した大群衆からは「アンコール!」の嵐。演奏しなければ、暴動すら起きそうな雰囲気に。危うし、栗山みのり太鼓…。もちろん、Tが得意な妄想の世界ですが、もう一曲!と温かい声をいただき、ユニフォームに着替え、合同曲「山彦」を演奏しました。

アンコール「山彦」

山彦1山彦2山彦3

ややっ!屋根の上に人が。巻き戻してみると(この画面の上の方ということですが)、そこに、すでに怪しき人影。ずっと狙っていたな。こんな所から現われるとは卑怯な!(はいはい、妄想です)。実はこの後、新社屋お披露目をお祝いして、餅蒔きが行われたのでした。

もちまき

餅の中には、五円玉のほか、豪華景品の当たり券も入っていて、いろいろ当たった打ち手も。何が当たったか、後で教えてくださいね。他にも、焼き鳥やフライドポテト、卵のプレゼントもあったりして、楽しんでいただくはずの私たち、それ以上に楽しませていただきました。

いわせきさんの皆さま、そして集まってくださった町の方々、ありがとうございました。地元っていいな、という実感を抱かせていただいた1日でした。新社屋で益々のご発展、お祈り申しあげます。

朝晩、急に冷え込むようになりました。今年の冬の準備は、ぜひ「いわせき」で!

ストーブ法被

 

<仮面ライターT>

2015年10月5日 「泉徳苑まつり」

今日は泉徳苑まつりに招かれて、人生の大先輩達を前に演奏させて頂きました。  泉徳苑様には15年前から毎年演奏させて頂いてます。

1、雅曲~「臨」

1443958528054

2、白煌

1443958523322

3、北の賑わい

1443958518163

4、錦祭

1443958506161

5、みのり太鼓揃い打ち

アンコールの前に衣装チェンジ レプリカユニホーム

1443958496983

アンコール、山彦

1443958490964

皆様、また来年もお会いできる事を願っております。

「大締太鼓製作」 A-組み込み、完成

 

 

 

適当に作っていましたので桶胴がリング皮にハマるか心配でしたが、今までにないくらいキッチリはまりました。

DSC_1260

DSC_1261

DSC_1262

DSC_1263

DSC_1263

調べ緒がどんどん伸びると思いますので、ギンギンに張って置きました。

台を製作してませんので、宮太鼓用のやぐら台に乗せて有ります。

音は思った通り良くなかったです。

布団を叩いている様だと打ち手が言ってました。

多少の工夫はしていたのですが、残念です!

後は、やぐら台を作らなくては・・・。

札幌ドーム最終戦

先週に続き札幌ドームにファイターズ戦を観戦して来ました。

先週は、浅間選手のさよならヒットで勝利し大興奮でした。

1日は、ドーム最終戦で試合終了後のセレモニー(見た事が無い)もあるので楽しみにして札幌ドームに出かけました。

残念ながら大敗してしまいましたが、CSで勝利し日本シリーズに臨んで欲しいものです。

日本シリーズに勝利すれば、栗山監督パレードが栗山であるかも知れません。  頑張って欲しいです!

DSC_1237

DSC_1235

DSC_1239

DSC_1256

DSC_1252

DSC_1255

DSC_1245