カテゴリー別アーカイブ: 活動日記

2019.09.14「ハローENJOY ハローまつり」

地域の方々との交流を通して、誰もが暮らしやすい環境づくりを理念に活動している、社会福祉法人栗山ゆりの会さん。同会が運営する「ハローENJOY」(障がい福祉サービス事業所)の秋まつりに、今年も参加させていただきました。栗山みのり太鼓として演奏させていただき、かれこれ6年になります。昨年は、9月6日に発生した北海道胆振東部地震の影響で中止となりましたが、会場は例年通りの賑わいに。施設を利用されている方、ご家族、そして町の人たちも大勢集まり、秋の1日を楽しみました。

雅曲〜「臨」の演奏で、イベントがスタートしました。

栗山ゆりの会の橘理事長(上)、駆けつけた佐々木町長(下)も1年ぶりの開催に、うれしそうなようす。

北の賑わい

錦祭

白煌

みのり太鼓揃い打ち

それにしても、会場にはいい匂いが立ち込め、心なしかメンバーもそわそわ? もちろん演奏後は、焼き鳥にカレーに・・・。栗山ゆりの会さんから、たくさんご馳走になり、大満足。思いっきり楽しませていただきました。ありがとうございました!

<仮面ライターT>

2019.08.04「錦 夏祭り」

栗山みのり太鼓の代表曲に「錦祭(きんさい)」があります。毎年春、地元の老舗・小林酒造を会場に行われる「くりやま老舗まつり」の賑やかなようす、暖かな季節の喜びを表したオリジナルで、テンポのよいリズムが特徴です。このまつりの会場、小林酒造の駐車場で、盛夏の夕暮れの風情を楽しむのが「錦 夏祭り」。地元の町内会が中心となって開催されている、和やかなイベントで、みのり太鼓も常連として演奏させていただいています。
この日は朝から、北広島、恵庭でのYOSAKOI。参加メンバーはもう、汗だくですが、地元に戻ってホッとひと息。日も傾き、涼風も吹き始めたなかで力一杯演奏させていただきました。

雅曲〜「臨」

北の賑わい

錦祭


楓希悠晴

お祭りといえば、焼きそばにフランクフルト。超定番が、やっぱりうれしい。たくさんの差し入れをいただきました。食わねば!

白煌

躍動



とっぷりと日も暮れ、空には涼しげな三日月。演奏のあとは、スイカ割りに花火、小学生メンバーはたくさんのお菓子もいただき、すっかりお祭りも楽しみました。

錦町内会の皆さん、関係者の皆さん、今年もありがとうございました!

<仮面ライターT>

2019.08.04「きたひろしま鳴子まつり&しままつ鳴子まつり」

日本の夏、北海道の夏、そして夏といえばYOSAKOI! 一大イベントである札幌での本戦以外にも、もう、雪が降るぞー、という直前まで、各地で演舞が行われています。わが栗山町の夏まつり、秋まつりでも恒例となりましたが、ほぼお隣の北広島、恵庭で行われる支部大会も毎年、とっても盛り上がります。「Re:Birth×栗山みのり太鼓」も、もちろん、参戦! 昨年に引き続き、こちらも暑い暑い1日となりました。

<北広島ふるさとまつり「きたひろしま鳴子まつり」>
■パレード会場(JR北広島駅東口)




次代のパワーも全開ですっ!


とはいえ、暑い、暑い。腹も減ったような・・・。

■ステージ会場(芸術文化ホール前庭)



<恵庭わくわくフェスティバル「しままつ鳴子まつり」>


大音響、歓声、人いきれ。二つのイベントを移動しながらの演奏と、ちょっとへたり気味(Tの話ですが)でしたが、夏の日差しにアドレナリンもセロトニンも大全開。興奮の時間となりました。まだまだ行くぞー、来年もやるぞー!

<仮面ライターT>

2019.08.03「JAそらち南農業祭」

「栗山みのり太鼓」のみのりは、作物の実り(稔り)が由来です。今から半世紀前、地元の青年が栗山町農協のご協力を得て立ち上げた太鼓チームです。その時、当時の理事長さんに〝みのり〟の名前をいただいたのです。栗山町農協(JAくりやま)は2009年にお隣の由仁町農協(JA由仁町)と合併し、JAそらち南に。新しい組織となって5年前から開催しているのが「JAそらち南農業祭」です。
農産品、加工品の販売をはじめ、ジンギスカンなどが味わえるほか、ステージでは地元ゆかりのさまざまなイベント。その景気づけとして、今年も演奏させていただきました。打ち手も地元、関係者も集まっている方々もほぼ地元という和やかさとともに、だからこその緊張感(地元の期待を背負って!)のなか、4曲を聴いていただきました。

雅曲〜「臨」

北の賑わい

錦祭

みのり太鼓揃い打ち

ノリノリで飛び入り参加も!

猛暑気味の1日でしたが、多くの拍手をいただき、地元の方々の温かさが夏の暑さを上回る、うれしい演奏となりました。JAそらち南の皆さん、町の皆さん、ありがとうございました。いも・たまねぎ詰め放題も人気でした!

<仮面ライターT>

2019.07.28「道新よさこいソーランinむろらん&胆振・千歳支部大会」

注意力の低下、身体機能の衰え、そこに慢心が加わり・・・還暦目前にして、顔からまともに転ぶ、という大失態。メンバー、そして家族の方々にも、大変なご迷惑、ご心配をおかけし、なんとも申し訳ございません。と、個人的な大反省をしたのは、7月も終わりに近い暑い日でした。

港町、そして鉄の街・室蘭。その夏を彩る最大のイベント「むろらん港まつり」恒例の「よさこいソーランinむろらん」に、今回も参加させていただきました。令和を記念して、というわけではないですが、今年から「Re:Birth×栗山みのり太鼓」となった、U40常勝チームのサポートです。夏の日差しのなか、パレード&ステージ演舞と暑い1日となりました。そのようすを、ダイジェスト写真でお知らせします!

<中島町パレード>



将来のよさこいメンバーも成長中!

通りを移動して、演舞が続きます。


<ステージ前>
所変わって、今度はメイン会場の港ふれあい広場。

この直後、でした。ステージ裏を周り、逆サイドに出ようと走りし出した途端・・・配線ケーブルに足を取られ・・・アスファルトに顔からダイビング。カメラをかばったためか、手が出たのは顔面が着地するのとほぼ同時。やんちゃなおじさんのようになった顔は、幸いにも(?)記録に残っていませんが、そのために、ステージ前の写真はこれが最後の一枚。演舞・演奏は、多くの拍手をいただき好評だったのですが、ほろ苦い(というか痛い)思い出となりました。

以降、慎重すぎるくらいに注意、というか年齢を意識するようになったことは言うまでもありません・・・。すいません。気を付けますので、今後もお付き合いのほどを!

<仮面ライターT>

2019.07.20「くりやま夏まつり」

麦わら帽子はもう消えた/田んぼの蛙ももう消えた/それでも待ってる夏休み

こんな歌詞に、グッときたのは中学校の頃。意味は正直、よく分からなかったものの、夏休みが終わる頃のさびしさみたいなものを感じた気がします。吉田拓郎。年代によっては、もはや知らないか・・・。「フォークソング」の一時代を築いたシンガーにして、フォーライフの設立者のひとり、というのはともかく、これと対になったような曲を、この時期になると思い出します。

祭りのあとの寂しさが/嫌でもやってくるのなら/・・・/もう帰ろう/もう帰ってしまおう/寝静まった街をぬけて

要するに、ちょっと年寄り臭い中学生だったわけですが、毎年、個人的にはしんみりするものの、栗山みのり太鼓にとっては地元での晴れ舞台の一つ「くりやま夏まつり」の今年のようすをお伝えします。今回も札幌から風雪太鼓、倶知安からは羊蹄太鼓のみなんさんが駆けつけてくれたほか、夕方からのよさこいも、盛り上がりました!19日のパレード、駅前ステージ演奏は参加できなかったので、2日目のようすだけですが、栗山の熱気、ちょっと感じていただければ幸いです。

<3区商店街会場(栗夢プラザ前)>
1.雅曲〜「臨」

2.錦祭

3.北の賑わい

4.みのり太鼓揃い打ち

白地に青が鮮やかな、風雪太鼓さん。いつも、元気いっぱいです。


お次は、くっちゃん羊蹄太鼓保存会 鼓流さん。いつも、全力投球です。


合同曲も演奏させていただきました。

<2区商店街会場(空知クリーニング前)>
1.躍動


社会人になった、かつての主力メンバーも登場。いっぱい、間違えました(汗)・・・が、力強さは健在!

2.みのり太鼓揃い打ち

3.楓希悠晴

4.白煌

くっちゃん羊蹄太鼓保存会 鼓流さん。勢い、止まらず。


風雪太鼓さん。かっこいいフォーメーション。


合同曲も、にぎにぎしく!

太鼓演奏で、町の人やお祭りに訪れた方々のど肝を抜いたあとは、すっかり恒例になったYOSAKOIソーランinくりやま。もちろんRe:Bierth×栗山みのり太鼓も参戦です。




華麗な演舞とともに、夏祭りの夜は更けていくのでした。少しませた中学生も、今や還暦間近(!)。それでも、お祭りの喧騒とセットになった切なさは、なかなか良いものです。

風雪太鼓のみなさん、羊蹄太鼓のみなさん、Re:Birthのみなさん。そして、一緒にお祭りを楽しんでくれたみなさん、ありがとうございます。で、次は秋祭りです!! その前に、残っている投稿、終わらせなきゃ・・・。

<仮面ライターT>

2019.06.30「のんのさんの縁日 初夏祭」

内地では、まだまだ35℃オーバーという日々が続いているようですが、暑い暑いと言いつつも、そこは北海道。朝晩はすっかり涼しくなり、「こうなるとなんだか、もうちょっと猛暑が続いてもよかったかね」など、勝手なことを思いつつ、お盆も過ぎてひと段落。やれやれムードで気がつけば、嗚呼、いやはや、6月から更新が滞っており・・・。
栗山みのり太鼓、確かに、ちゃんと活動、活躍しているにも関わらず、これでは開店休業に見えてしまいますね、すいません、スイマセン。室蘭でちょっと恥ずかしい怪我をして以来、すっかり戦意消失、意気消沈(これは後ほど)。ようやく心の憂いも薄らぎ、今週中、いや安全をみて今月中にはなんとか追いつきますので、お許しを!

というわけで、ほぼほぼ2カ月前。毎年、お招きいただいている大聖寺(継立)さんの初夏祭で演奏&よさこい演舞に参加しました。あいにくの雨、となりそうで、なんとかかんとか、持ちこたえたという天候でしたが、打ち手も踊り手も力一杯! 多くのご声援、拍手をいただくことができました。

まずは、景気づけ!(もう、本当に頑張ってくださいね、ファイターズ)
1.白煌

続いては、赤法被、大活躍!
2.北の賑わい

今度は、重鎮による迫力の響き!
3.飛躍

最後は、みのり太鼓の原点!
3.みのり太鼓揃い打ち

後半は、Re:Birth × 栗山みのり太鼓。今年から、わがみのり太鼓の名前も加わり、YOKSKOIソーラン本戦ではU40(40名以下)で優秀賞をいただいた演舞です!



決して大掛かりではないけれど、温かな雰囲気の初夏のお祭り。文字通り縁日の風情も、楽しむことができました。大聖寺のみなさん、会場で見守っていただいたお客さま、ありがとうございました。来年も、元気でお会いできますよう!

<仮面ライターT>

2019.06.02「駅前ロータリー花壇完成式」

半年近くも雪に閉ざされる北海道。白一色の街並みも美しいものですが、春先、彩り豊かな花々が咲き乱れるさまは、また格別です。まちの顔ともいえる駅前を美しく飾り、栗山に降り立つ人、そして周辺の方々の目を楽しませようと毎年、花壇づくりが行われています。すっかり恒例となったこの行事、わがみのり太鼓もお招きいただき、その完成をお祝いしています。こちらも恒例、またまた1カ月遅れになってしまいましたが(反省、だけはしているのですが・・・すいません)、当日のようすを、お伝えします。

初夏の陽気の、まさに抜けるような青空も、きれいに仕上がった花壇に花を添えていました!

1.みのり太鼓揃い打ち

2.躍動

3.北の賑わい

4.錦祭

5.白煌

この花壇づくりは、栗山町の「まちの魅力アップ応援事業」として行われているもので、主催者の「チーム夢(ときわ)」さんをはじめ、町内にある北海道介護福祉学校の学生さん、NPO法人栗山手をつなぐ育成会の会員さんなどにより、マリゴールド、ベゴニア、ペチュニアなど約2,500株が駅前のロータリーに植えられました。太鼓の響き、楽しんでいただけたなら幸いです。ありがとうございました!

<仮面ライターT>

2019.04.29「栗山公園開き」

元号が変わったせいでは、もちろんないでしょうが、5月だというのに30度超え!
折悪しく(?)、「なつぞら」の帯広取材に出かけた日は38度。「昨日は38.8度だったので、それよりは…」と地元の方は言っていましたが、もう、そんなのはどらも同じ。いい気になって街を歩き回っていたら、多分、人生で初めての軽い熱中症。エアコンで冷やして、水分をとってを繰り返し、なんとか夜中近くには回復。このようすでは、夏が思いやられます・・・まてよ、ということは、あれから1カ月。すいません、今回は忙しかったというより、忘れていました。それもこれも、暑さのせい、ということで、令和のレポート1回目、「栗山公園開き」です。
風は少しあったけれど、良い天気に恵まれ、たくさんの方々をお迎えし、一挙7曲、突っ走りました。

1.みのり太鼓揃い打ち

2.錦祭

3.躍動

4.北の賑わい

だんだん、子供達が集まり、もうかぶりつき。

5.山彦

6.絆

とうとう、逆立ちを始めちゃいました。

7.白煌

この好天が、5月の猛暑に続くとは予想もせず・・・。今年はなんだか、思いやられますが(思いやられるのは、私の方ですね・・・)、鋭意、レポートをしたい、するつもり、できれば、と思っておりますので。今年度も「栗山みのり太鼓」、よろしくお願いいたします。
うかうかしてたら、やや、もう「よさこい」だ!

<仮面ライターT>

2019,03,29 「栗山監督2019出陣式」

いよいよ2019年プロ野球開幕です。

それに先駆けて、日本ハムファイターズ“栗山監督”の出陣式が栗山天満宮で行われました。 我々町民は、最大限に応援する事しか出来ませんので、機会がある度に太鼓を打ち続けています。

時節柄、春休みの小学生が中心の演奏となりましたが、監督のご健勝を願って演奏させて頂きました。

監督入場

監督激励演奏

長く続くペナントレースに生き残り、また、札幌ドームでの試合がみたいですね!