カテゴリー別アーカイブ: 活動日記

2019.06.02「駅前ロータリー花壇完成式」

半年近くも雪に閉ざされる北海道。白一色の街並みも美しいものですが、春先、彩り豊かな花々が咲き乱れるさまは、また格別です。まちの顔ともいえる駅前を美しく飾り、栗山に降り立つ人、そして周辺の方々の目を楽しませようと毎年、花壇づくりが行われています。すっかり恒例となったこの行事、わがみのり太鼓もお招きいただき、その完成をお祝いしています。こちらも恒例、またまた1カ月遅れになってしまいましたが(反省、だけはしているのですが・・・すいません)、当日のようすを、お伝えします。

初夏の陽気の、まさに抜けるような青空も、きれいに仕上がった花壇に花を添えていました!

1.みのり太鼓揃い打ち

2.躍動

3.北の賑わい

4.錦祭

5.白煌

この花壇づくりは、栗山町の「まちの魅力アップ応援事業」として行われているもので、主催者の「チーム夢(ときわ)」さんをはじめ、町内にある北海道介護福祉学校の学生さん、NPO法人栗山手をつなぐ育成会の会員さんなどにより、マリゴールド、ベゴニア、ペチュニアなど約2,500株が駅前のロータリーに植えられました。太鼓の響き、楽しんでいただけたなら幸いです。ありがとうございました!

<仮面ライターT>

2019.04.29「栗山公園開き」

元号が変わったせいでは、もちろんないでしょうが、5月だというのに30度超え!
折悪しく(?)、「なつぞら」の帯広取材に出かけた日は38度。「昨日は38.8度だったので、それよりは…」と地元の方は言っていましたが、もう、そんなのはどらも同じ。いい気になって街を歩き回っていたら、多分、人生で初めての軽い熱中症。エアコンで冷やして、水分をとってを繰り返し、なんとか夜中近くには回復。このようすでは、夏が思いやられます・・・まてよ、ということは、あれから1カ月。すいません、今回は忙しかったというより、忘れていました。それもこれも、暑さのせい、ということで、令和のレポート1回目、「栗山公園開き」です。
風は少しあったけれど、良い天気に恵まれ、たくさんの方々をお迎えし、一挙7曲、突っ走りました。

1.みのり太鼓揃い打ち

2.錦祭

3.躍動

4.北の賑わい

だんだん、子供達が集まり、もうかぶりつき。

5.山彦

6.絆

とうとう、逆立ちを始めちゃいました。

7.白煌

この好天が、5月の猛暑に続くとは予想もせず・・・。今年はなんだか、思いやられますが(思いやられるのは、私の方ですね・・・)、鋭意、レポートをしたい、するつもり、できれば、と思っておりますので。今年度も「栗山みのり太鼓」、よろしくお願いいたします。
うかうかしてたら、やや、もう「よさこい」だ!

<仮面ライターT>

2019,03,29 「栗山監督2019出陣式」

いよいよ2019年プロ野球開幕です。

それに先駆けて、日本ハムファイターズ“栗山監督”の出陣式が栗山天満宮で行われました。 我々町民は、最大限に応援する事しか出来ませんので、機会がある度に太鼓を打ち続けています。

時節柄、春休みの小学生が中心の演奏となりましたが、監督のご健勝を願って演奏させて頂きました。

監督入場

監督激励演奏

長く続くペナントレースに生き残り、また、札幌ドームでの試合がみたいですね!

2019.01.04「ガーデンハウス新年恒例会」

明けまして、おめでとう御座います。

今年も宜しくお願い致します。

厳密に言うと、新年最初の演奏を「介護老人保険施設ガーデンハウスくりやま」で行う事が出来ました。

入所の皆様やデイサービスにお通い皆様に御覧頂き大変嬉しく思います。

さて、今回は小学生5名、中学生1名、社会人2名の合計8名で臨みます。

1)白煌

2)山彦

自己紹介タイム

3)錦祭

4)楓希悠晴

5)みのり太鼓、揃い打ち

アンコール)白煌

 

2019.01.01「栗山天満宮 合格祈願祭」

みなさま、明けましておめでとうございます。いや、前の投稿でも言ったけれど・・・。年明け一番の出没は、恒例の「合格祈願祭」。栗山監督with年明けに今年もお招きいただき、景気づけ!をしてきました。3日前まで雪も少なく「こりゃ、演奏も楽勝だね」なんて話していたら、あらら前々日から降るわ降るわ。栗山の年末には珍しい大雪&しばれのなか、それでも笑顔でお務めさせていただきました。

1.みのり太鼓揃い打ち

2.白煌
カウントダウンのカウントダウンは、北海道日本ハムファイターズ応援曲。


ともかく、今年もみなさま、健やかに過ごされますよう、お祈り申し上げます。

監督到着→→撤収で、ご挨拶もできませんでしたが・・・今年は優勝、期待しています!

<仮面ライターT>

2018.10.06「泉徳苑まつり」

昨年社会人になったメンバーが、小学生の時から演奏の場を設けてくださっている、「泉徳苑まつり」に今年も参加させていただきました。社会福祉法人 水の会さんが運営されている特別養護老人ホーム泉徳苑。ご入居の方々とご家族の交流の場として、行われているおまつりです。いつもの通り、というか、いつものように遅れ遅れの報告(3週間も前!)ですが、どうぞどうか、ご容赦を・・・。
今にも泣き出しそうな空模様でしたが、よさこい演舞の後のホールは、熱気ムンムン。長年の感謝も込めて、精一杯演奏させていただきました!

1.雅曲〜「臨」

2.みのり太皷揃い打ち

打ち手と、観客席がすっごく近いホール。大きな音で、体調など悪くされる方がいると大変!と心配してしたが、演奏をが進むにつれて拍手もヒートアップ、どんどん盛り上がっていきました。

3.躍動

4.閃

5.白煌

5曲で、打ち手は結構ヘトヘト。でも、年齢を経てもとにかくお元気な方々の笑顔、掛け声をたくさんいただき、元気もチャージできました。もう、いい歳だしなと、自分では感じていたのですが、いやはや、まだまだ若造。頑張らねばなと思ったTでした。
泉徳苑のみなさま、ありがとうございました。寒くなりますが、お体に気をつけて、ますますお元気で!みのり太皷一同、お祈り申し上げます!!

年末にかけてのイベント情報、今度はすーぐにアップ、したいと・・・思っております。汗

<仮面ライターT>

2018.9.24「栗山天満宮例大祭」

台風の進路や雨雲の動きは、かなり正確に予測できるようになっているようですが、いまだに難しいとされるのが地震予知。去る9月6日、未明に発生した北海道胆振東部地震。混乱と不安のなか、気が付けばもう1カ月も前の出来事になってしまいました。幸い、栗山町では大きな被害はありませんでしたが、被災された方々、いまだに避難生活を続けられている方々には、この場を借りてお見舞い申し上げます。
毎年、9月24日~26日に行われている栗山天満宮例大祭(秋まつり)は、一部、予定が変更されたものの予定通り開催され、例年を上回る人出となりました。「震災の影響で、数々のイベントが見送りとなるなか、ここで踊れることが本当にうれしい。私たちの演舞で、北海道を元気にできれば」。夕方から行われた「YOSAKOIソーランin栗山まつり」に参加してくれた、あるチームの代表者の言葉に、思わず胸が熱くなりました。何もない、普通の毎日がどれだけ大切なことか。そんな思いを新たにしながら、今年も演奏させていただいた、わがみのり太鼓でした。今年も、羊蹄太鼓保存会「鼓流」の皆さんに来栗いただき、大いに華を添えてくれたようす、ダイジェストでお伝えします。

演奏を行ったのは、駅前通りの三カ所。いずれも、多くの方々に集まっていただき、たくさんの拍手、歓声をいただきました。

<1回目>4区・おかじまさん前駐車場
「空が怪しいね」と話していたら、直前から激しい雨。それでも、元気に演奏開始です!

1.雅曲~「臨」

2.閃

3.みのり太鼓揃い打ち

4.白煌

「鼓流」さん登場!


<2回目>3区・白光堂楽器店駐車場
「いやぁ、濡れたねぇ」と演奏を終えた4区でしたが、鼓流さんの登場で?雨もあがり、コンディションもあがってきました!

1.躍動

2.楓希悠晴

3.みのり太鼓揃い打ち

4.錦祭

晴男?女?「鼓流」さん

<3回目>2区・かわもと靴店横
栗山天満宮大祭よみやの24日、午後2時も過ぎて、どんどん人が集まってきました。

1.雅曲~「臨}

2.錦祭

3.みのり太鼓揃い打ち

4.白煌

「鼓流」さんの演奏、続いて合同曲「山彦」をご披露しました。


筆頭・鈴木秀夫さんのご挨拶



合同曲「山彦」

移動を伴う、長丁場の演奏にお付き合いいただき、「鼓流」のみなさんには、本当に感謝申し上げます。11月のイベントではまた、よろしくお願いいたします!

太皷の演奏に続いて、夕方から始まったのは、よさこい演舞。すっかり恒例となった「YOSAKOIソーランin栗山まつり」。今年は27ものチームが参加。もちろん、みのり太鼓がサポートさせていただいている「Re:Birth」さんも参戦です! と、いつもお世話になっている札幌の「風雪太鼓」さんが。「夜桜金魚とまこまいJAPAN」さんのサポートでした。かっこいい!

そしていよいよ「Re:Birth」さん。みのり太皷も、最後の力を振り絞りました。




ほんとうに、いろいろなことを考えさせられた、今回の震災。こうやって、心から楽しめる喜びを痛感しつつ、雲間から見える夕日とともに、お祭りの夜は更けていきました。協力いただいた方々、見て、聴いてくださったみなさま、ありがとうございました。

<仮面ライターT>

2018.08.15「第71回帯広平原まつり 第22回平原・太鼓まつり」

お盆を過ぎると、北海道は一気に秋模様。加えて今年は、関東から西日本にかけて連日35℃オーバーという猛暑、酷暑が続くなか、一瞬の真夏日の後は、曇りがち、雨がちな日々が続き、なんだか、あまり夏らしくない8月。いやいや、こんな年は9月に入ってから暑い日があるんだ、なんてなぐさめて(?)くれた仕事仲間もいましたが、ほら、言わないこっちゃない。もう、朝晩は長袖、布団ももう一枚欲しいくらい。ああ、もうじきまた冬だなと、ちょっと憂鬱、寂しくなっていたら、あれま思い出しました。そうでした、もうじき2週間! その、夏の境のお盆に参加した「帯広平原まつり」の報告。「どうしたんだ、具合でも悪いのか!?」なんて、一人の関係者からも心配されないところをみると、あきれているのか、怒りに震えているのか・・・。ともかく、こっそりアップします(どうやって?)。

さて、(勝手に)気を取り直して。平原まつりには、実に2年ぶりの参加。大人の事情やら、子どもの都合やらがあって、顔を出せずにいたので、今年は張り切って! かけつけました。が、が、あいにくの雨模様・・・。駅前通りジャックはかなわず、そのかわり、とっても雰囲気のある広小路での演奏となりました。

まずは、参加団体揃い踏みでお弁当&打ち合わせ&リハーサル。今年、この場にやってきたのは16団体、集まってみれば壮観です!

駅前通りとは違って、会場の幅が限られるため、少々きゅうきゅうな感じですが、まずは、米沢則寿帯広市長のご挨拶、そして合同演奏からスタートしました。

で、わがみのり太鼓の演奏。こちらもちょっと短縮になり、全2回・3曲の演奏を披露させていただきました。

1.雅曲~「臨」


お客さんが近い!

2.白煌

ラベンダーユニフォームで、わがまち栗山もアピール! そのまま、最後の演奏に大突入!

3.みのり太鼓揃い打ち

大屋根に覆われ、雨のなか大勢の人の熱気で、とっても蒸し暑さを感じましたが、太鼓の音・振動があちこちに反射して、腹に響く迫力のある音量とライブ感。打ち手も、どことなく興奮気味のなか、演奏を終えたのでした。

来年は晴れるかな、いや、個人的には来年も元気で来るために、日々のあれこれ、いろんな思いを乗り越えて元気でいなくちゃと、ちょっと決心した時間でもありました。帯広の皆さん、そして帯広市郷土芸能平原太鼓のメンバーの皆さん、ありがとうございました。次は、早く来てインデアンに行かなくちゃ!

<仮面ライターT>

2018.08.05「栗山町錦町内会 七夕まつり」

「え、なんで、変じゃないですか」と言ったのは、今年、関東地方から転勤してきたTの取引先の営業さん。もうすぐ、七夕ですねと話した時のことでした。北海道では、多くの地域で七夕は8月7日。調べてみると、旧暦から新暦に変わった時に、旧暦のまま7月7日になった地域と、新暦8月7日とした地域があるそうで。そういえば、仙台の七夕まつりは7月7日。でもね、あのね、盛夏からちょっとだけ秋の気配もちらほら始めた夕暮れ、これが北海道の七夕の風情なんですね。毎年、そんな感慨に浸ることも楽しみな、錦町内会の七夕まつりに、今年も参加させていただきました。小林酒造の敷地内で行われる、地域の手作りイベント。温かくて、ほっとして、心に染みるおまつりです。

2部に分かれた演奏で、計8曲を叩かせていただきました。

<第1部>
1.雅曲~「臨」

2.みのり太鼓揃い打ち

3.飛躍(北海道太鼓連盟合同曲)

4.白煌

<第2部>
1.楓希悠晴

2.山彦

3.閃

4.錦祭

やきそば、やきとり、から揚げにおにぎり、ジュース、すいか等々、すっかりごちそうになり、朝からよさこいで動き回っていた打ち手も、元気になりました。そして、演奏が終わる頃には涼しい風が・・・ちょっと物悲しいけれど、澄んだ空気が心地よい、七夕まつりとなったのでした。錦町内会の皆さま、今年もありがとうございました。

<仮面ライターT>