仮面ライターT のすべての投稿

頼りになるライターさん

2018.04.15「ふるさと田舎まつり2018」

子どもの頃には嫌いだったものが、歳をとると食べられるようになるのは、味覚を感じる舌の感覚器・味蕾が減っていくからなのだそうです。早い話、味がよくわからなくなる、ということらしいのですが、そう考えると年齢とともに、いろいろ、あちこちの機能が低下するのも、まんざら悪くないか、という気もします。“ヤバい、間に合わない!”とか、“早くやらなくちゃ!”という感覚が、そういえば人生も半分を過ぎたころから少なくなって、これも記憶やら神経が鈍っているせいかな、と感じるし。だって、気が付けば雪がなくなり、新しい太鼓のシーズン。しかも久々に駆けつけたのだって、もう1週間も前。いやはや、早い早いなんて、熱心な読者(?)の方なら、もうお察しですね。のっけからスローモーな報告になっている、そうです、いいわけですね。すいません。

年齢のせいにしつつ、今シーズン第一弾の報告は、北の錦酒造の酒蔵祭りと連動して2016年から開催されている『ふるさと田舎まつり』。栗山をはじめ、夕張、由仁、長沼、南幌の一市四町のおいしいものやら情報が結集するイベント。そのスタートを飾る演奏を担当させていただきました。
あいにくの小雨模様、気温も平年より低く、冷たい風も吹くなかでしたが、地元の、駅前での演奏とあって、打ち手は朝からそわそわ。そして、元気に演奏がスタートしました。連敗で始まり、連勝を重ねるなど、まだ勝ちパターンの定まらない、わが北海道日本ハムファイターズに檄を飛ばす一曲から始まり6曲を演奏させていただきました。

<白煌>

<雅曲~「臨」>

と、2曲が終わった後で、ゲストが登場! 秋の太鼓フェスティバルでもお世話になった、倶知安の「羊蹄太鼓保存会 鼓流」の皆さんが、雪の峠を越えて(真っ白だったそうです)、駆けつけてくれました。お揃いの(カッコいい)太皷名入り衣装で、いつも通りの迫力ある演奏。地元栗山の皆さんも、そのパフォーマンスにくぎ付けでした。

<矢吹代表のご挨拶>



「土砂降りになるか、止むかです」。鼓流さんが演奏すると、そのどちらかなのだと矢吹さん。幸いなことに、後者でした! 雨も小降りになり、怒涛の4曲を演奏。鼓流さんの熱気に負けじと、バチを振り下ろしました。

<閃>

<北の賑わい>

<みのり太鼓揃い打ち>

<錦祭>

実はこの日は、札幌の風雪太鼓さん、今年もサポートさせていただく、よさこいのRe:Birthさんをお誘いしており、会場まで来ていただいたのですが、あいにくの雨模様ということもあり、演奏いただくことができず・・・本当に申し訳ございませんでした。

ということで、また太鼓の1年が始まります。道内行脚も、すでにいろいろ予定されています。もちろん、地元・栗山町での演奏も数々ありますので、みなさん、どうぞ聴きに来てください。よろしくお願いいたします!

<仮面ライターT>

2018.01.01「栗山天満宮 合格祈願祭 with 栗山英樹監督」

みなさま、新年、明けましておめでとうございます。
2018(平成30)年、どんな年明けを迎えられましたか?
今年も、みなさまにとって充実した素適な1年でありますように。それでは、また・・・すいません、年明けからベタな感じで・・・1年がすでに思いやられます。

ついつい、飲みすぎのお正月。
ですが、このままでは、のっけからダメ、な感じになりそうなので、アルコール消毒中の頭で、今年最初のイベント報告です。

昨年もお誘いいただいた、「栗山天満宮 合格祈願祭」。
昨年同様、われらが北海道日本ハムファイターズの栗山英樹監督の太鼓で新年を祝い、合格を願う年越し行事が行われました。

わがみのり太鼓が、日ハム&栗山監督応援曲「白煌」を演奏するなか、街の方々の人間リレーで、監督が参道をやってきます!

そして、カウントダウン!
監督の太鼓で、新しい年がやってきたのでした。
めでたし、めでたし!

受験生の皆さん、あと一息、頑張ってください。
受験までは、まだまだ間があるという方、そしてずっと昔に受験生だった方々も、良き1年となりますよう。

テレビやら新聞など、メディアの方々が大勢集まり、
メンバーはちょっと、緊張気味・・・でもないところ、さすがです。取材とはいえ、栗山で年越しをされた皆さまも、充実した1年でありますように!
みのり太鼓の取材にもぜひ、お越しくださいっ!

約束通り、大谷選手を大リーグへと送り出した栗山監督。
今年のシーズンに向かう、キリリとした表情も印象的でした。
ありがとうございました。

ということで、本年も「くりやまみのり太鼓」を、
よろしくお願い申し上げます。

以上、ぜんぜんキリリとしないTでした。

<仮面ライターT>

2017.10.21 北海道和太鼓フェスティバルinくっちゃん「鼓魂東西2017 和太鼓の響演」

出雲に集まっていた神様も、やれやれと戻ってきて、はや11月。
まだ、平地では雪が降る寒さではないものの、「早く雪、積もらないかな♪」と心待ちにしていた頃はもはや遠い昔、やれやれ感たっぷりで、外に出るのもおっくうになる始末。
それなら、家のなかでたっぷりサイトへの記事アップができるはず、と思うでしょ? いやいや、そうは問屋が卸しません。何しろ、先生も走る師走を前に、気ばっかりあせって、進まないのでした。「のでした」ではないですね。今回は、今年最大2週間遅れ! いやはや、本当に申し訳ございません!

今年最後の遠征イベント、「鼓魂東西」の報告です。
くっちゃん羊蹄太鼓保存会と北海道太鼓連盟が主催し、町の文化祭の一環として開催されている恒例の演奏会。今年は、道内各地から30近い団体が参加し、お昼前から夕方まで、ぶっ続けで太鼓の音が響き渡りました。
そういえば倶知安は、これも恒例の「じゃがまつり」に参加して以来。ビールでも飲まないとやってられない、とビールでも飲んでいた暑い夏から、今回は甘酒でも飲まないとたまらない、北風の吹く1日(こちらは飲んでません・・・)。それでも、どのチームも、もちろんわがみのり太鼓も熱い!演奏でもりあがりましたっ。


会場の倶知安町公民館。いい感じで、年季の入ったホールです。

みのり太皷は2曲演奏させていただきました。

1.雅曲~「臨」



2.閃



今回は、少数精鋭の演奏となりましたが、いつになく切れ味鋭く、多くの拍手をいただくことができ、感激!
主催者・関係者の皆さん、倶知安町の皆さん、いつもありがとうございます。

来年も、よろしくお願いいたします!

もう、羊蹄山は雪景色でしょうか(2週間前、だもんなぁ・・・)。

<仮面ライターT>

2017.10.07 泉徳苑まつり

カラスは、餌を探すのに苦労(Crow)する。
石を投げるとストン(Stone)と落ちる。
根っから、ネイティブな日本語を話す(というか話せない)Tは、世界の共通語とされる英語を覚えるのに、よくこんな語呂合わせ(?)をしていました。英語、というより、英単語ですね。お陰で、TOEIC3級まではいったのですが(たいてい、中学校でいきます)、それどまり。相変わらず日本語に磨きをかけています・・・。
でも、その伝で、秋という単語はすぐに覚えました。“おー寒”(Autumn)ですから・・・。
レベルの低い話はともかく、はや10月。稲やら玉ねぎやらの収穫もひと段落し、静かな季節。どこか物悲しくもなってきますが、この時期に毎年、開催されているのが、社会福祉法人水の会さんが運営する施設「泉徳苑」のおまつり。入居されている方、通所の方そしてご家族の方々と、地域の人たちが触れ合うにぎやかなこのイベントに、今年もお招きいただきました。

よさこいイベントの熱気も冷めやらぬ会場に到着すると、それはそれは、多くの方々。今年は、太皷との距離も近いレイアウトで、「さすがに音、大き過ぎるかな」と心配しましたが、どっこい、皆さん、さらに身を乗り出すように耳を傾けてくれました。

出だしの“ドド、ン”にはちょっと驚かれたようでしたが用意した5曲、演奏する側もあっという間でした。

1.雅曲~「臨」

2.みのり太鼓揃い打ち


3.北の賑わい

4.閃

と、4曲メドレーで演奏した後、泉徳苑まつり恒例の、メンバー紹介。普段、一人ひとりが紹介されることはあまりないので、ちょっと恥ずかしい、けれども誇らしい瞬間です。

男子のホープ2名は、インタビュー形式で。

締めは、日本ハムファイターズの応援曲。来季の活躍、期待してますっ(大谷さんの心機一転も応援!)

5.白煌

そして、皆さまの末永いご健康もご祈念!

泉徳苑の皆さま、町の皆々さま、ありがとうございました。
寒さも募る季節、どうぞご自愛ください!

<仮面ライターT>

2017.09.24「栗山天満宮大祭」(くりやま秋まつり)

未明まで降り続いた雨も上がり、朝から抜けるような青空。
地面から立ち上る湿気で、暑いくらいの絶好の秋まつり日和となりました。
と、はじめようと思っていたのですが、あれよあれよという間に気温が下がり、利尻富士では初冠雪、帯広では例年より早い初霜とすっかり初冬の気配。やれやれ、機を逸したな。秋は駆け足で過ぎてゆくなぁ、それだもの、1週間なんてあっという間だよなぁ。そう思いませんか? 思いませんね・・・。さっさとアップしないのが悪いんです、いやはや毎度、すいません。

というわけで、栗山の秋まつり。
なんでも、道内では札幌、旭川に次いで規模の大きな秋まつりだそうで、300店もの露店が並びます。40年ほど前(!)とは、夜店の通りは変わりましたが、今でも、それはそれは賑やか。暗くなってから、友だちに会わないよう、ドキドキしながらそっと手を握りつつ、裸電球の露店を誰かとのぞいていた、かどうかは教えませんが(聞きたくもありませんね)、独特の華やいだ雰囲気、いいものです。

今年の秋まつりは、とってもスペシャル。
商店街3会場の演奏に、よさこい演舞、なじみのチームも駆けつけてくれて、そして夕方からは道内16チームが参加してのYOSAKOIソーランイin栗山。ほんとうに1日中、駆け回っていました。さらに今年は、栗山天満宮の奉納餅つき大会のオープニングにも参加させていただきました。
*Tはまた、入力操作を間違って写真が小さいまま・・・クリックすると大きくなります。

 



■奉納餅つき大会オープニング




  1. ■町内商店街演奏
    <第1会場 カワモト靴店>
    1.雅曲~「臨」

2.みのり太鼓揃い打ち

3.


  1. 続きを読む

2017.09.09 ハローまつり

実るほど 頭(こうべ)を垂れる 稲穂かな

青々としてピンと立っていた稲も、穂先のお米が育つにつれて、お辞儀をするような格好になってきます。そのようすを、人も成長して知識や徳が高まるほど謙虚になる(べき)、ということに喩えた言葉。だんだん威張るようになっちゃうのは小人物。そうならないようにしなくちゃ、という戒めですが、唐突にこの言葉を思い出したのは、毎年、演奏させていただいている「ハローまつり」の会場に着いた時のこと。
社会福祉法人栗山ゆりの会さんが運営する、就労支援(B型)事業・生活介護事業所「ハローENJOY」の秋まつりなのですが、いつもはステージ替わりになっているトラックのウイング(横に開く荷台)が閉じていたのです。なんでも、油圧がおかしいとかで、結構な年代もののトラックだからなぁと見ているうちに、稲穂の話が浮かんだというわけです。トラックが謙虚になったわけでは、もちろんないでしょうが・・・古いトラックにも、刈り取りを間近にした田んぼからも、学ぶことがあるのだなぁなどど、ちょっとわけのわからないことを考えるのも、物想いの秋だから、ということにしておこうっと。

気を取り直して「ハローまつり」。
朝方の雨も止み、陽が差して一気に暑くなるころに、演奏開始となりました。

1.雅曲~「臨」

2.みのり太鼓揃い打ち

*ウイングの開かないトラックが後方に!

と、なんだかいい匂いがしてきました。おぉ、焼き鳥っ!

3.錦祭

4.白煌

ほんとうに、たくさんの拍手、声援をいただき、
念願の焼き鳥!と、恒例のおいしいカレーもいただいて、打ち手も秋まつりを満喫。
関係者のみなさま、会場のみなさん、ありがとうございました。

秋だからと、変な連想・妄想には気を付けなくちゃと反省もしたTでした・・・。

これも恒例、人気のまとあて。

<仮面ライターT>

2017.09.03「2017 JAまつり(JAさっぽろ感謝祭 手稲支店)」

夏の疲れが出て、おまけに昭和から使っている体もだいぶガタが来ているせいで、お盆過ぎから絶不調・・・。みのり太鼓のイベントも、一つ飛ばしてしまいました、すいません。
気が付けば8月も終わり、まだまだ昼間は暖かいものの、日が傾くと寒いほど。暑い、暑い!と文句を言っていたくせに、やっぱり秋は、なんだかちょっと寂しいな、なんてウジウジしていたら、とても温かなイベント。すっかり、元気を取り戻させてくれたのは、JAまつり。今年も手稲支店さんにお招きをいただきました!

早めに着いたつもりなのに、長々とした行列。いやはや、みのり太鼓は札幌でも大勢のファンがてきて・・・というわけでは、残念ながらなくて、にんじん、たまねぎ、じゃがいもの詰め放題なのでした。ポリ袋に入れられるだけ詰めて200円! この日、手稲ではほとんどの家庭の夕食はカレーだった(はずはありませんね)。

演奏スタートは、地元・手稲の「風雪太鼓」さんから。


続いては、先日お世話になった「静内染退太鼓さん」。


わがみのり太鼓は、雅曲~「臨」から演奏開始です。

1.雅曲~「臨」

2.みのり太鼓揃い打ち

3.錦祭

4.白煌

和太鼓のほか、よさこいやステージショーもあり、賑やかなイベントとなりました。


「石狩流星海」さんのよさこい演舞

最後は、恒例の合同曲「山彦」。元気に夏を乗り越えた喜びにも溢れていました(Tは乗り越えられませんでしたが・・・)。
心地よい秋空、収穫の喜び。JAの皆さま、運営を支えていただいた風雪太鼓の皆さん、楽しい時間をありがとうございました。

ちなみにみのり太鼓、まだまだ年内、演奏が続きます!
よろしくお願いいたします。

合同曲「山彦」

穫れたてっ!

<仮面ライターT>

2017.08.06「錦夏まつり」

「宿題、たくさんある・・・」
と、ちょっと浮かない表情のメンバー(中学生)。
「夏休み、いいなぁ」
なんて話している大人の方が屈託がなくて、そうだよな、思い起こしてみれば楽しいのだけど、夏休みが終わるまでずーっと宿題のことが頭の隅にあったっけ。
計画的にやれたことなんかないし、あーもっと勉強しておけば良かったなんて感じるくらいだから、アドバイスなんかできなくて「そ、そうだよね」と言うのが精いっぱい。
でも、そんな抵抗感というか、嫌だなと思う気持ちが、きっと成長につながるんだ、なんて(ひっそり)考えながら、小麦の刈り取りが始まった畑を眺めているうちに・・・バスが到着したのは、わが栗山町。
恵庭でのよさこいサポートに続いて、これも恒例の「錦夏まつり」で演奏させていただくため、とんぼ返りで戻ってきたのでした。

銘酒「北の錦」で知られる小林酒造さんの一角で、地元町内会の方々が毎年、開催している手づくりのこのお祭り。故郷にいること、そこで健康に暮らせる喜びを感じさせてくれる、とても温かなお祭りです。
演奏しているうちに、だんだんと日が暮れていくのが、また、いいんだなぁ。

<演奏第1回目>
1.雅曲~「臨」

2.みのり太鼓揃い打ち

ビデオカメラを構えるアヤシイ人影は、BS放送のスタッフ。年末に放送する、北海道日本ハムファイターズ・栗山英樹監督の特集番組で、演奏を紹介していただけるのだとか。放送日・時間などがわかったら、当サイトでもお知らせしたいと思います!


3.春爛漫

4.閃

やっぱり地元、楽しそうです。

4曲演奏の後は、演奏前にごちそうになった焼きそば・焼き鳥・ザンギに栗山コロッケの残りをつついたり、ジュースを飲んだり。ビールだって、どんどん出てきました(大人、だけです、もちろん)。

<演奏第2回目>
1.北の賑わい

2.みのり太鼓揃い打ち

日も暮れてきてたところで、景気のいいファイターズ応援曲!

3.白煌

4.錦祭

朝から演奏がびっしりでしたが、心地よい夜風のおかげで、打ち手はみんな元気。この後は、それぞれにお祭りを楽しみ、さらに、お土産までいただきました。

町内のみなさん、関係者の方々、今年もいい夏になりました。ほんとうにありがとうございます。小林酒造さんにも、素晴らしいロケーションをご提供いただき、感謝です。また、来年!

2017.08.06「北広島ふるさと祭り」&「しままつ鳴子まつり」

7月に入り、帯広、北見など道東を中心に、全国の最高気温を記録する日々が続くなど、猛暑の夏となった北海道。道央でも36℃、37℃と体温並みの暑さにうだる毎日でした。
そんなタイミングを見計らったように、なんと、わがみのり太鼓のトランスポーター&打ち手移動バスのエアコンが故障、という苦難が襲い掛かったのでした。

「壊れたのなら、直せばいいのよ。気持ちだって、きっと元どおりになるわ」
彼女はそう言って、あまり大げさにならないように額の汗をぬぐった。
やれやれ。そんなことは僕だって、わかっている。でも、直したところでまったく元の姿にならないものだってあるんだ。うまく言えないけれど、きっと、それが生きているってことだと思うんだ。

なんだかちょっと、村上春樹風ですが、バスのエアコンが直らなかったのは、つまり直す暇がなかったのです。出番が多く、考えてみれば、ありがたいこと。でも・・・さすがに少しこたえたよさこいサポート、同日に行われた2会場での演舞・演奏の模様をレポートします。

<北広島ふるさと祭り YOSAKOIソーラエルフィンわくわくフェスティバル>
北広島駅前の通りと広場で行われている、恒例のイベントです。

よさこいチームが顔を揃えて、開会式!

まずは、駅前通りでの演舞から。



続いては、図書館前の広場での演舞。広いステージ、のびのびと演奏できました。



<しままつ鳴子まつり えにわYOSAKOIソーランわくわくフェスティバル>
午前中の北広島でも十分、暑かったのですが、午後にかけて気温も絶好調・・・。きらめく夏の日差しのなかでの演舞となりました。


腰が入ってます!


駅前には、地元の子どもたちがつくった、かわいい行灯。無邪気な思いが感じられ、それがお祭りの雰囲気と入り混じって、なんだか温かな気持ちになりました(いや、やっぱり暑かっただけ?)。

「Re:Bieth」さんとの演奏を重ねるごとに、太皷だけの練習では得られない表現力が身についていくようです。ちょっと点前みそですが、打ち手がたくましくなっていくのを最近、感じるようになったTです。

「でも、だからといって、エアコンを直さないっていうのは、ないんじゃない?」
やれやれ。わかったよ。
というわけで、運転手兼任のみのり太鼓代表も、重い腰をあげるようです!

北広島、恵庭のみなさま、ありがとうございました。

<仮面ライターT>

2017.08.05「くっちゃんじゃが祭り」

「朝早くに結構、雨が降って、涼しくなっていたので、太鼓にはちょうどいいな、なんて話していたのだけど、昼前にはぐんぐん気温が上がって・・・すいません」

「じゃがまつりは毎年、暑いですね」と、話しかけたのは、“夏まつりらしくて、太皷も盛り上がっていいですよね”という思いからだったのですが、羊蹄太鼓保存会 鼓流の筆頭に、いきなり謝られて、なんだかとっても申し訳ない気持ち・・・。かえってすいません。みのり太皷は、この暑さを楽しみに来ているのです! 来年もよろしくお願いします。あ、これではもう、終わっちゃいますね。

今年も行ってきました、「くっちゃんじゃが祭り」。うっすら霞のかかった夏の羊蹄山。久々に会えました! 今年は3曲、演奏させていただきました。

1.雅曲~「臨」


大締めからベンへのバチ渡り!

2.みのり太鼓揃い打ち

羊蹄太鼓創始者の、故高田緑郎さんに見守られながらの演奏です。


3.白煌


太皷のまち、倶知安町。羊蹄太鼓 鼓流にはジュニアチームまであるんです! うらやましい・・・。

演奏の後は、1時間にわたって同じリズムを繰り返す、名物、恒例の「百人太鼓」。腹が減っては、最後までいけないと、ビールに焼き鳥、地元のバナナクレープ、ラーメンまで! でも、考えてみればTは太鼓を打たないのでした・・・。

そして百人太鼓、始まり始まり。

羊蹄太鼓のレアード!? クリスさんも飛んでます!

気が付けば、夜のとばりもすっかり下りて、これも恒例のねぶたも登場。

ちょっとしんみりする、夏まつりの風景でもありました。

羊蹄太鼓保存会 鼓流のみなさん、倶知安町のみなさん、今年もお世話になりました。素適な思い出もできました!

ありがとうございました。

<仮面ライターT>